おいしい台所

きょうも台所にいます。

ドイツパンと、海~いざ、鎌倉散歩その②

大仏様を後にしたのは11時過ぎ。朝が早かったので、もうお腹の虫がぐうと鳴いていました。せっかく鎌倉まで来たのだから美味しいものを食べたい。実はお昼はどこで食べるかを決めていました。ランチ時、大抵のお店は11時半までに行けば、混雑する前に入店出来ます。今から歩けば時間的に調度良い。そのまま寄り道をせずに、目的のお店に向かうことにしました。

 


大仏様を背に長谷観音前の交差点を左に入っていくと、右手に目的のお店が見えてきます。

 

f:id:chas5480:20170607214940j:plain 


Bergfeldさん。

bergfeld-kamakura.com

 
「子どもに安心して食べさせられるパンとお菓子」をモットーに1980年から鎌倉でドイツパンを焼き続けているお店です。こちらのお店は先日読んだ赤澤かおりさんの著書「鎌倉、のんで、たべる」で知りました。

 

oishiidaidokoro.hatenablog.com

 

お店の前まで行くと、看板にランチメニューが書かれていました。「3種のパンをつかったベルグサンド」に「タルタルチキントーストサンド」に「ロースハムとチェダーチーズのトーストサンド」・・・うーん、どうしよう。どれも美味しそう。迷いましたが、欲張りな私は「3種のパン」に惹かれて、ベルグサンドを食べることにしました。

 

f:id:chas5480:20170607215325j:plain

 

出て来たパンは、ライ麦40%のライ・プレーン、ライ麦70%のプンパニッケル、そしてプレーンなロールパン。ハムもソーセージもツナペーストもとっても美味しくて、おまけに添えられたピクルスがこれまた美味しくて、ぺろりと食べてしまいました。

 

ドイツパンは以前、家の近くに小さなドイツパンのお店があって、よく買って食べていました。パンにはこだわりがある頑固な店長さんで、お店に行くと時々他の店員さんを厳しく叱っているところを目にしました。パンはとっても美味しかったのですが、その頑固さゆえ店員さんとうまくいかなかったのか、お休みが多くなり、いつの間にか閉店してしまって残念に思っていました。ドイツパンを食べたのはそれ以来。噛みごたえがあって味があるドイツパンはやっぱり美味しかった。3種類も食べたのに、もっと色々食べたくなりました(笑)

 

f:id:chas5480:20170607215434j:plain

 

食後はお店で販売もしているシュークリームがデザートです。こちらのクリームも甘すぎず、ふわっとしたシューとよく合って美味しかったです。食べ終える頃には入店待ちの人がちらほら。ああ、ゆっくり食べられてよかった。

 

  

お腹が満たされて満足したので、今度は海のほうへ歩いてみることにしました。Bergfeldさんを出て元の道に戻り、長谷駅を過ぎてしばらく行って突き当りを右に。星の井通りの交差点を左に折れると、海が見えてきます。

 

f:id:chas5480:20170607215524j:plain

 

潮の香り。鎌倉で海を見たのは初めてです。今まで訪れたのはお寺や山ばかりで鎌倉に「海」のイメージは全くなかったので、何だか不思議でした。後ろには観音さまがいて、大仏様がいて、眼前には大きな海が広がっている。その間に江ノ電がのんびり走っている。鎌倉って奥深いなぁ。

 

 

海を見たあとは鎌倉方面にゆっくり歩いて、こちらも赤澤さんの本にあった「三留商店」に向かいました。

 

f:id:chas5480:20170607215604j:plain

 

さー、買い物開始ですよ!食材におやつ。何買おうかなぁ。

 

 

っと・・長くなってしまったので。

お土産編はその③につづきます!

 

 

 

----------

 

覗いてくださり、ありがとうございます。
訪問いただいたしるしに、お弁当ぽちりとしていただけると大変嬉しいです。

 

     

 

また遊びにきてくださいね!