読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしい台所

きょうも台所にいます。

「いちご大福」ののぼりが外される日

 

f:id:chas5480:20160314232328j:plain

 

 

実は最近ドキドキしています。
 
行きつけの和菓子屋さんの前を通るたびに。
いつ、「いちご大福」ののぼりが外される日がやってくるかと。
 
 
 
私が大のいちご大福好きだということは過去何度か記事にしたのでお気づきの方もいらっしゃるかと思います。12月にいちご大福ののぼりが立つと「いちご大福が出始めたよ!」と喜々として5個も6個も買って帰り、それ以降は毎晩仕事からの帰りに「のぼりチェック」。「ああ、今日はのぼりがしまわれているから売り切れだ」「あ、今日はまだ立っているから残ってる。買って帰ろう」と、いちご大福な日々がはじまるのです。
 
 f:id:chas5480:20160314232358j:plain
 
 
 
ところがこれが春先、いちご大福ののぼりの横に「さくらもち」ののぼりが立ちはじめると焦ってきます。行きつけの和菓子屋さんでは、秋~冬の主役が「豆大福」、そこから少し重なって「いちご大福」、さらに少し重なって「さくらもち」、そして初夏を前に「柏餅」で、夏になると「水ようかん」。つまり「さくらもち」ののぼりは、「もうすぐいちご大福が終わっちゃうよ」の合図でもあるわけです。(多分、和菓子屋のおじいちゃんはそんなこと考えてないけど。)
 

 

 
 
この間、ついに。
ついに「さくらもち」ののぼりが立ちました。
 
 
・・合図です。
 
 
淋しい。
また冬まで会えなくなると思うと名残惜しくてたまりません。この味を忘れてはならないので、やむなく、仕方なく、毎日のようにいちご大福を買って帰る日々です・・。
 
 f:id:chas5480:20160314232313j:plain
・・結局、ずっと食べてんですが(笑)
 
 
 
そんなこんなで、いちご大福への愛がこんなところにも及びました。
いちご大福風ホットサンド。マーガリンと粒あんといちごで。
 
f:id:chas5480:20160314232505j:plain
 うまかったです。
 
 
 
さてさて。
あと何個食べられるかなぁ。愛するいちご大福。
 
こんなに食べて、「いちご大福」ののぼりが外されたときの、春の薄着の私は大丈夫か?という話はあるけれど。
 
 
まぁ、それはそれとして(笑) 
 
 
 

----------

 

覗いてくださり、ありがとうございます。
訪問いただいたしるしに、お野菜ぽちりとしていただけると大変嬉しいです。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

 また遊びにきてくださいね!