読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしい台所

きょうも台所にいます。

コーヒーチョコパンと白パンと、しあわせのパン

f:id:chas5480:20160213233904j:plain
 
最近、またパン熱が上がってきています。
きっかけは、映画「しあわせのパン」。つい先日、ドコモのdTVでこの映画を見てからというもの、大泉洋扮する水嶋君がこねて焼くパンが頭から離れなくなりました。パンがこねたい。焼きたい。食べたい。
 

しあわせのパン

とはいえ平日は仕事があって無理なので、週末に向けてパンの本を見ながら何を作るか考えました。そして仕事帰りに強力粉を買い、イーストを買い、週末の予定とにらめっこしてスケジュールをたて、わくわくと週末を待って。そしてバレンタイン前日の今日、夕飯のためにパンを焼くことにしたのです。

 
焼いたパンは、白パンとコーヒーチョコパンの2種類。いつものこの本のレシピです。
 

「ちょっとのイースト」で作る プチパンとベーグルの本

 

白パンはシンプルに粉ときび砂糖と塩と水のみ。
 
f:id:chas5480:20160213233805j:plain
コーヒーチョコパンはインスタントコーヒーを入れた生地で、チョコをたっぷり包んでいます。

f:id:chas5480:20160213233830j:plain

 
今日は気温が高かったので思ったよりも発酵が進みましたが、一次発酵では白パンのほうが膨らんだのに、二次発酵ではコーヒーパンのほうが膨らんだり、並べて休ませている間にくっついてしまったりと、パン作りはやっぱり一筋縄にはいきません。でも、ぐいーんと伸びて戻ってきて、だんだんなめらかになって、赤ちゃんの肌のようにぷよぷよで、そんな生地を黙ってこねていたら、パン熱もようやく落ち着いてきました。
 

こちらコーヒーチョコパンの焼き上がり。

本当は、チョコは飛び出ないはず(笑)

 

f:id:chas5480:20160213233924j:plain

 
 
夕飯はビーフシチューです。白パンとコーヒーチョコパンと、去年八ヶ岳で買ったりんごのワインを開けて、一日早いバレンタインディナーにしました。
 

f:id:chas5480:20160213233952j:plain

 
 
「しあわせのパン」は最初から最後まで静かに流れる映画で、パンのシーンはもちろん、食事を作るシーンやワインを注ぐシーン、食材そのものの映し方がとても素敵です。ここのところ仕事がずっと忙しくて帰れないことも多く、外食や出来合いのおかずに頼る夕飯が続いていて精神的にしんどいのですが、こういう映画を見ると、ふっと大切なことを思い出します。ふわふわのパン生地をそっと大切に扱い、こねて形作って焼くパン作り。「ああそう、これこれ」と作ること、そして食べることの大切さを思い出させてくれました。
 
 
しかし映画の原田知世は可愛いなぁ。
あんな風に、いつまでも透明でいられたら素敵だなと思う。
そして何度見ても、美味しそうなパンたち。
 
 
私のパン熱、もうちょっと続きそうです。
 
  
 
 

----------

 

覗いてくださり、ありがとうございます。
訪問いただいたしるしに、お野菜ぽちりとしていただけると大変嬉しいです。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

 また遊びにきてくださいね!