おいしい台所

きょうも台所にいます。

義母とはりはり漬け

義母から、義父の自家製干し大根をもらいました。

 

f:id:chas5480:20160211231902j:plain

 

義父の実家は三浦市にあり、冬場には毎年たくさんの大根をいただきます。生のままの大根はおでんにしたり、お肉やお魚と煮たり、水菜と一緒にサラダにしたりしてあっという間に食べてしまうのですが、干し大根はなかなか上手く使うことが出来ずにいました。義母は水に浸けて煮こぼして戻し、煮物にしたりして上手に調理するのですが(味が染みてこれがまた美味しい)、私は去年初めてもらったときに「干してあるから」とその安心感と戻さなければならない面倒さでついつい半年も放りっぱなしにしてしまい、ダメにしてしまったのです。

 

今年は同じ過ちを繰り返してはいけない。

そこで今年はもらってすぐに、干し大根だけで気軽に出来る「はりはり漬け」を作ってみました。

 

■はりはり漬けの作り方

<材料>干し大根50グラムくらい、酢大さじ2、しょうゆ大さじ2、みりん大さじ2、きび砂糖大さじ1、鷹の爪1~2本

<作り方>

①干し大根を水に10分ほど漬けた後鍋でゆでこぼし、水気をしっかりきる。

f:id:chas5480:20160211231929j:plain

②①干し大根以外の材料を別の鍋で沸かして火を止め、3センチくらいに切った①を入れる。

 

③②を清潔な保存容器に入れる。

 

f:id:chas5480:20160211232006j:plain

 

出来上がり。

 

 

 

義母に何かを作るときにはいつも緊張します。特に大根については義母は結婚してからずーーーっと毎年、冬になると毎日のように食べているはずなので、きっと手厳しいはず(笑)ということで、先日夫の実家でみんなで飲んだとき、このはりはり漬けを持って行くのも、ちょっと緊張しました。

 

 f:id:chas5480:20160211232122j:plain

 

「これ、もらった干し大根で作ってみたんだけど」と、おそるおそる義母に差し出す私。爪楊枝を出して、「どれどれ」とひとつ口の中に入れる義母。

 

「あらっ。美味しいじゃん、これ!」

 

「なになに?どれ?ちょうだい」と、義姉や姪っ子たちがわらわらと手を伸ばし、先に飲んでいたみんなに囲まれて、はりはり漬けはあっという間になくなりました。

ああよかった。

 

 

私は何かいただきものをすると、それを使って何かを作りお返しするのが常なのですが、自分達が作った干し大根を使ったはりはり漬け、義父も義母もとても嬉しそうに食べてくれました。手作りで無農薬の野菜や干しものだからこそ美味しく作ってあげたいと思うし、そもそも素材がいいから美味しく出来るんだと思います。私は嬉しくって、結局残りの干し大根も全部はりはり漬けにしてしまいました(笑)

 

 

干し野菜は今までチャレンジしたことがないのですが、こうやって美味しく食べることが出来ると、やってみようかなと思います。

今度は自分で干した大根ではりはりを作って、義母に食べてもらおうかな?

更に緊張するかもしれないけれど(笑)

 

きっと味がどうであろうと、義母は喜んでくれると思います。

 

 

----------

 

覗いてくださり、ありがとうございます。
訪問いただいたしるしに、お野菜ぽちりとしていただけると大変嬉しいです。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

 また遊びにきてくださいね!