読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしい台所

きょうも台所にいます。

あの頃やっておけばよかったこと

f:id:chas5480:20160122230102j:plain

 

私のブログは「台所を楽しく」「子育てを楽しく」をテーマに書いているので、私と同年代や少し下くらいの方から時々子育てについてのコメントをいただきます。

 

いただくのはブログのコメント欄とツイッターからで、記事についてこう感じた、自分は今こういう状況で、自分に照らして読んでいる・・等々、記事に対するコメントにはいつも励まされています。皆さん仕事と子育てとのバランスで悩みながらも一生懸命で、そしてお子さんに対する愛情がすごく伝わってきて、コメントを読むことでこちらまで温かい気持ちになってしまいます。いつも本当にありがとう。

 

先日の「きびドーナツとカフェオレ」の記事に、こんなコメントをいただきました。 

---------------

こちらで時々お子さん達がちいさかった頃を懐かしんでいる文書を見るたび、私にもこの小さな子供たちと過ごせる時間は限られているんだな、どんどん成長していくんだなあと複雑な、寂しい気持ちになったり。

chasさんはお子さん達が小さい時もっと一緒にやっておけば良かったことなどありましたら教えて下さい。

---------------

 

 

やっておけば良かったことかー。

 

なんだろう・・。子ども達がもっと小さかった頃を思い出して考えてみました。でも、保育園時代や、もっと小さな赤ちゃん時代を振り返っても、「あのときもっと一緒にこれをやっていればよかった」というものが思い浮かびません。唯一あるとすれば、小学校に上がってしまうと夏休みやお正月休みのものすごい混んでいて高いときしか旅行に行けないので、奮発して海外にでも行っとけばよかったかな、と思うくらいです。

 

多分これは幸せなことで、赤ちゃんの頃も存分に一緒に居ることが出来たし(自分にとっては、ですが)、少し大きくなってからは一緒に遊んだり旅行に行ったり家で過ごしたり、家族みんなで過ごした経験がたくさんあるからだと思います。

 

 

・・でも、仕事を言い訳にしてやってこなかったことで後悔していることはあります。

 

 

保育園の時、仕事を理由に保育参加にはほとんど行きませんでした。平日にあるイベントにもほとんど参加していないし、保護者の懇談会も数回に1回しか参加しませんでした。仕事があるのに、平日のイベントなんて出られないよというのが理由でしたが、これを下の息子の最終学年のときに激しく後悔することになりました。

 

 

息子の最終学年で、私は保育園の保護者会の役員をやりました。ずっと避けてきて、でも最後だし、お世話になったから・・と引き受けた役員でしたが、月1回の打合せやイベント決め、先生とのやりとりなど結構大変な仕事でした。平日会社を休まなければならないこともありました。でも、やらなければよかったとは一度も思わなかったのです。

 

なぜなら、園の子ども達が可愛かった。

 

人形劇に真剣に見入る姿、一緒に歌う声、運動会の競技に笑う顔。自分たち役員が作ったイベントの場に子ども達がいて、こんなに喜んでいるというのが嬉しくて、感激してしまいました。たくさんの子ども達と関わるということが、先生や他のお母さん達と一緒に子ども達を喜ばせるということが、こんなに楽しいものだと気付かずにここまで来てしまったこと、本当にもったいなかったと思いました。ものすごく後悔しました。

 

 

だから、働くお母さんは多分本当に余裕がなくって大変だと思うんですが、そんなことに時間を割けないという気持ちもすごくわかるんですが、子どもと関わるイベントには是非頑張って参加してほしいと思います。そして、自分の子、子どものお友達、そのお母さん達と一緒に過ごす数年間を、これでもかという位楽しんで、その素晴らしい日々を目に焼き付けてほしい。

 

今思い出しても涙が出ちゃうくらい、私にとって保育園で過ごした日々は、自分も子ども達も先生もみんなが笑って泣いて頑張っていた愛しい日々です。これから先も大切な宝物のように思い出す日々です。そしてそう思えるのは、保育園と、お母さん達と、たくさんの子ども達と関わった最後の役員の経験があったからだと思っています。

 

 

子どもはいつまでも小さいままではありません。あとから、「あの時もっと見ておけばよかった」「一緒に過ごせばよかった」と思っても、もうあの頃の子ども達には戻りません。子ども達と過ごす時間を大切にしてほしい。特別なことじゃなくてもいい、一緒に過ごす日常を大切に、しっかりと目に焼き付けてほしいなと思います。

 

 

 

「子ども達と過ごす日々は、いつでも輝いていたな」

 

そう思えるように、私も、いつも「今」の子ども達をしっかり見て行きたい。

 

 

今回コメントをいただいて考えたことで、あらためて思うことができました。

 

 

 

 

----------

 

覗いてくださり、ありがとうございます。
訪問いただいたしるしに、お野菜ぽちりとしていただけると大変嬉しいです。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

 また遊びにきてくださいね!