おいしい台所

きょうも台所にいます。

大根をぱりっとしゃきっと保存する方法

f:id:chas5480:20151218232139j:plain


義父の実家は神奈川県の三浦市にあって、この時期になると三浦大根をたくさんもらいます。


この時期の大根は三浦以外のものでも水分たっぷりで味しみがよく美味しいのですが、やっぱり三浦大根は格別。「穫れたて」というプラスアルファもあり、新鮮なままうちに届いた大根は、生でおろしても、千切りにしてサラダにしても、厚く切って煮物にしても、甘くてみずみずしくて本当に美味しいのです。

届いた大根は5本。いくら新鮮なまま届いたからって、そのまま放置していては新鮮な大根も水分を失ってしぼんできます。でも大丈夫。これをぱりっとシャキっと新鮮なまま保存しておく秘訣があるのです。

 

 

■大根をぱりっとしゃきっと保存する方法

①まず、葉を切り落とします。大根の栄養分が葉っぱにいってしまうので、それを防ぐ為です。
②大根に新聞紙を巻き付け、新聞の上から水で濡らします。

f:id:chas5480:20151218232328j:plain

③ビニール袋に入れて、冷蔵庫で保存します。

f:id:chas5480:20151218232348j:plain


これで1週間~10日位はぱりっとしたまま保存可能です。新聞紙が乾いたら、霧吹きなどで濡らしてください。ああ簡単!

 


この方法、義母から教わったのですが、本当に新鮮なまま保存出来るのでびっくりです。この方法を知ってから、たくさん大根をいただいても最後まで美味しく食べられるようになりました。



今回もらった5本の大根。1本はおでんに。もう1本は、豚ばらと一緒に甘辛く煮ました。

 

f:id:chas5480:20151218232451j:plain

 

下ゆでした後、砂糖と醤油でじっくり煮込みます。大根にお肉の旨みが加わってじゅわっとおいしい。箸が進んで1本なんてペロリと食べきっちゃいます。

 

そして今晩はぶり大根。

 

f:id:chas5480:20151218232533j:plain

 

これまた美味かった~。

 

 

大根はこれ以外にもお味噌汁に入れてスープに入れてサラダで食べて、浅漬けもしたかったけどもう残っているのは1本の半分。食べても食べても、今時期の大根はするするとお腹に入っていくので、5本なんてあっという間なのでした。

 


今旬の大根は、スーパーでも安いです。
食べきれない~と思わずに思い切って1本、2本を買って上手に保存し、色々に調理して楽しんでみてください。

 


旬はやっぱり、美味しいよ!

 

 

 

----------

 

覗いてくださり、ありがとうございます。
訪問いただいたしるしに、お野菜ぽちりとしていただけると大変嬉しいです。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

 また遊びにきてくださいね!