読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしい台所

きょうも台所にいます。

そんじょそこらで買える良い食材~胃袋が喜ぶお味噌「山吹」

f:id:chas5480:20151208222252j:plain


寒い冬、熱いお味噌汁をすすると胃に染みわたって本当に美味しいですよね。胃から温かさがじわーっと体中に広がっていく感じがします。

 

お味噌汁って同じお味噌・同じ具材を使っても、家によって味が違います。出汁の違いも味噌の量もあるでしょうし、味噌を入れるタイミングも違うからなのでしょうが、ちょっと不思議な感じがします。

 

例えば母のお味噌汁を飲んで育った私ですが、私のお味噌汁は母のと味が似ているけど違います。そして私と同じ材料を使って作る夫のお味噌汁は私のと違う。お味噌汁というものは、作る人の舌(味のセンス)がそのまま表れてしまうような気がします。だから、初めての人に出すときはちょっと緊張します。

 


うちで今使っているお味噌はこちらです。

「無添加 山吹みそ」

f:id:chas5480:20151208222240j:plain

お味噌は多分お住まいの地域によって置かれているものは色々なので、「そんじょそこらで買える」というものではないのかもしれません。私の住むあたりでは大体のスーパーに置かれていますが、販売元は長野県小諸市です。

この山吹味噌を作る信州味噌株式会社さんは、延宝2年から300年以上もの長い間天然醸造にこだわり、昔ながらの「大寒仕込み」や「天地返し」の手法を用いて味噌を作り続けています。うちで使うのは「山吹 無添加家傳山吹 750g」ですが、これ以外にも塩分控えめのものや玄米味噌など、美味しそうなお味噌がたくさんあります。


何というか、本当に旨みがあって、最後のひと口まで美味しいのです。具を何にしても美味しい。うちの娘は味噌好きなのですが、私が味噌を溶くときに、隙あらば舐めてやろうとスプーンを持って狙っているほどです(笑)


信州味噌(株)蔵人頭の森さんのお言葉です。
「私どもの味噌蔵には延宝二年(1674年)から代々続く味噌作りで育てられた山吹味噌だけの<微生物>が住んでいます。この目には見えない<微生物>の働きによって山吹味噌独自の風味が醸し出されています。」HPより。


すごいですね。お味噌が生きている。

 

f:id:chas5480:20151208222230j:plain

 

うちは私ふくめ家族みんなお味噌汁が大好きで、ごはんを終えたあとのおわんはみんなきれいに空っぽ。ここ最近、朝はパン食だった私がご飯をちょこちょこ食べるようになったのは寒ーい朝に胃袋に入れる温かなお味噌汁が本当に美味しく感じること。そしてそれはこのお味噌のお陰なのです。

 


本当に美味しいお味噌です。
信州はもちろん、関東で買えるところは多いと思うので、もしお近くで見かけたらお試しください。胃袋が喜ぶのが、わかると思います。

 

無添加家傳山吹味噌 750g[米みそ(米味噌) 調味料・油]

 

皆さんのお住まいの近くでも、売っているといいな。

 

 

 

----------

 

覗いてくださり、ありがとうございます。
訪問いただいたしるしに、お野菜ぽちりとしていただけると大変嬉しいです。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

 また遊びにきてくださいね!