おいしい台所

きょうも台所にいます。

米津祐介さんのカレンダー

 

f:id:chas5480:20151206205844j:plain

 

毎年今時期になると、LOFTのカレンダーコーナーへ翌年のカレンダーを買いに行きます。昔はリビングにも、寝室にも、部屋に1つくらいの勢いでカレンダーを置いていましたが、今は台所と2Fのトイレのみ。どこでもスマホを見れば日付がわかるしカレンダー機能もあるし、ここも要らないそこも要らないと減らしていった結果、この2か所に落ち着きました。台所にあるのは自分が一番長く居る場所で、家族と話をするのに自分が居ることが多い場所だから。カレンダーにはそれぞれの予定や旅行の予定を書き込み、ここを見れば家族の予定がわかるようにしています。


カレンダーの下には学校の年間行事や学童の毎月のスケジュールを貼ったり、学校からの授業参観や運動会のお知らせなどを貼るスペースにしています。イベントが終わったら捨てて、行事忘れのないように気を付けています。


f:id:chas5480:20151206212318j:plain

 

実は、活用しているカレンダーはこれのみ。もう一つのトイレのカレンダーはどちらかといえば絵を飾る感覚で置いています。ならばいっそ飾るのはグリーンなどにしてトイレのカレンダーもなくしたって良いのですが、そうしない理由が「好きだから」。毎年買っている米津さんのカレンダーがとにかくどうにも好きなのです。

米津さんのカレンダーを買い始めたのは数年前。文具屋で偶然に見つけました。動物だったり、台所道具だったり、雑貨だったりと描かれているものはなんてことないものばかりなのですが、線の太さとか、色づかいとか、温かくてもう本当に好きです。この大好きな絵が12枚。表紙を入れたら13枚もあって、それが毎月変えられる。この絵一つで空間がちょっと変わるんです。本当に素敵です。

今年のカレンダーから。


f:id:chas5480:20151206205824j:plain


f:id:chas5480:20151206205810j:plain


f:id:chas5480:20151206205753j:plain

そしてこれが来年の。


f:id:chas5480:20151206205736j:plain

f:id:chas5480:20151206205724j:plain

カレンダーってめくり忘れることがよくありますが、米津さんのカレンダーに限っては忘れたことがありません。なぜならめくるのが楽しみだから。月末になると、「ああもうすぐ次の絵だな」と思うからです。整理収納でトイレからもモノを減らしましたが、これがあるから殺風景で暗い印象にならずに済んでいます。

日常で使わないモノであっても、こういった雑貨類には空間を作る効果があるんだなぁと思います。米津さんのカレンダー、おススメです。


カレンダーを買ったら、年賀状にクリスマスに年越しを迎える準備。

 


いよいよ師も走る、12月です。

 

 

 

【2016年版・卓上】 グリーティングライフ 米津祐介 カレンダー C-761-YZ

 

 

----------

 

覗いてくださり、ありがとうございます。
訪問いただいたしるしに、お野菜ぽちりとしていただけると大変嬉しいです。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

 また遊びにきてくださいね!