読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしい台所

きょうも台所にいます。

そうだ!ラスクにしよう~固いパンのその先

f:id:chas5480:20151113231449j:plain

 

ちょっと発酵を焦ったら、とっても固いパンが出来てしまいました。
どれ位固いかというと、愛用のブレッドナイフでもごりごりと力を入れないと切れない程。それでも中はそれなりに柔らかいし、たっぷりのミューズリーフルーツシリアル)を入れていたのがもったいなくて、翌日の朝ごはんに出しました。

 


そしたらその朝、私と娘でこんな会話が交わされました。

母「ちょっと、早く食べないと時間に遅れちゃうよ。」
娘「んなこと言ったって、こんな固いパン早く食べられるわけないでしょ。」

 

こんな固いパン。

早く食べられるわけ。

ないでしょ。

ないでしょ・・

ないでしょ・・

 

がーんがーんがーん。

もちろん固いパンでしたが、失敗作とまではいかないかなー、まぁそれなりに食べられるよね、と思っていた私は、娘の「こんな固いパン」発言に軽くショック。食べるのが遅くなる程のパンなのか。そうかそうか。

もちろんそこは「うるさいっ。早く食べなさいっ。」のひと言で片付けましたが、その後残った固いパン1本を前に「捨てるべきか、捨てざるべきか」でうじうじと悩みました。だってもったいない。

でも確かに固い。

そこで。


そうだ、ラスクを作ってみよう!

 


■ラスクの作り方 
 ①パンをうすーくスライスする。

 (ここでうすーくなのは、固いパンだからです(笑))
 ②トースターで、120度で15分焼く。

 f:id:chas5480:20151113231415j:plain

 ③バター30グラムに粉糖30グラムを混ぜたものを②に塗る。 

 f:id:chas5480:20151113231400j:plain

 ④③をさらに120度で15分焼き、冷まして出来上がり。

これが、なかなかの美味しさで。嫌味ったらしく「こんな固い」と言い放った娘に(←私もしつこい(笑))、「もう一つちょうだい!」と言わしめた私は、心の中でガッツポーズです。やった。

 

f:id:chas5480:20151113231425j:plain

パンづくりが失敗するのは、大抵気持ちが焦っている時。生地も気持ちよく膨らまないと、くぎゅっと縮んだパンになっちゃうんですね。でも失敗してもその後があると思えば、次もまたチャレンジしようと思えます。

 


娘の正直で手厳しい評価も、上達のためには必要なのだ。

 


ということで、めげない母のパンづくりは続くのでした。

 

 

 

----------

 

覗いてくださり、ありがとうございます。
訪問いただいたしるしに、お野菜ぽちりとしていただけると大変嬉しいです。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

 また遊びにきてくださいね!