おいしい台所

きょうも台所にいます。

アップルパイとレモンティー

20150519

先日、会社をお休みして一人ランチを

していた時のこと。

いつも行くお店で、パスタとデザートの

セットを頼みました。

そこのお店は一人で来ている方も多く

ほとんどのお客さんが女性なので

すごく気楽でよく行きます。

パスタもデザートも美味しいし

ゆっくり本を読むことができるので

いつも長居してしまいます。

その日も「菜の花とあさりのパスタ」を

食べ終え、さあデザートを食べながら

本を読むぞと落ち着いたところでした。

お店の女性が、デザートの

アップルパイを持ってきました。

「アップルパイ、お待たせしました。

お飲物すぐにお持ちします。」

私は、飲み物が来るまで、

アップルパイを食べず待っていました。

ところが。

5分経っても

10分経ってもレモンティーが来ない。

アップルパイに添えられた

生クリームがどんどん溶けていきます。

・・食べちゃおうかな。

でも、やっぱり飲み物欲しいな。

しばらく待って、耐えかねて

さっきとは別の女性に言いました。

「すみません、飲み物いただけますか。」

すると、私の席を見てすぐにその女性

「申し訳ありません、すぐにお持ちします。」

と言ったかと思うと

私のアップルパイをぱっと見て

「お客様、アップルパイを新しいものに

取り換えさせていただけませんか。

すぐにお持ち出来ますので。」

と言ったのです。

私は自分が飲み物と一緒に

食べたいがために、クリームが

溶けるのを黙って見ていたので

「いいです、大丈夫です」と

言おうと思ったのですが、

その女性の言葉があまりにも

「取り換えさせてくれないと困ります」

という感じで、ここで断ると逆に

申し訳なく思え、「あぁ・・えぇ。」と

曖昧な返事をしてしまいました。

すると、その女性はにっこり笑い、

あっという間にアップルパイを下げて

持って行ってしまいました。

そしてそのすぐ後、

美味しそうにクリームが盛られた

新しいアップルパイが

レモンティーと一緒に運ばれてきました。

私に飲み物がないと気付いてから

完璧なアップルパイとレモンティーを

持ってきてくれるまでのその一連の

対応にも驚きましたが、更に驚いたのは

お会計でのレジでのこと。

「お客様、先程のお飲物は申し訳

ありませんでした。」

さっきとは違う女性です。

最初にデザートを持ってきてくれた

女性とも別の方です。

「いえいえ。こちらこそすみません。

取り換えてもらっちゃって。」

と私が恐縮して言うと、

「ありがとうございました。」

と、これまたにっこりして言うのです。

この「ありがとうございました」は、

お会計した後によく言う

「ありがとうございました」ではありません。

「取り換えさせてもらってありがとう」

の、「ありがとう」です。

やられました。

完璧です。

私は最初のアップルパイの件を

すっかり忘れて、本当に気持ちよく

お店を出ることが出来ました。

そしてまたこのお店が好きになりました。

よくビジネス書なんかに

「ミスを成功に変えよ」というような

話が出てきますが、これぞまさに。

失敗には、いくつものチャンスが

潜んでいるんですね。

素敵なお休みのランチを思い出し、

家でアップルパイにアイスクリームを

そえて食べました。

今度のお休みには、

またあのお店にランチに行こうと思います。

**トラコミュ作りました**。

台所しごとについての楽しい情報が集まると嬉しいな。

にほんブログ村 トラコミュ 台所しごとへ
台所しごと

----------

覗いてくださり、ありがとうございます。

訪問いただいたしるしに、どちらかぽちりと

していただけると大変嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

また遊びにきてくださいね!