おいしい台所

きょうも台所にいます。

復活・オムライス弁当

春休みを前に学校が午前授業になり、

子ども達は毎日お弁当を持って

学校の後は学童へ通っています。

春休みが始まれば、朝から学童へ。

毎日のお弁当作りは大変だけれど

楽しく通ってくれる学童は、

共働きの家庭には本当に

有り難い存在です。

がしかし、

朝の台所は戦場(笑)

お弁当を作り終え、朝ごはんを

出し終えると、流しの中は

戦いを終えたフライパンだの

ボウルだの箸だの包丁だの・・

ごちゃごちゃごちゃ(笑)

まぁ頑張ってるんだから、

多少荒れても仕方ないじゃん。

と、開き直っていますが。

ところで、私が気に入っていて、

子ども達に食べてもらいたいなと思う

定番のお弁当があります。

それが、こちら。

じゃーん!

2015032401

「おむらいすべんとー」 (ドラえもん風でお読みください)

簡単だし、子ども達喜ぶし、

何より見た目が可愛くって

作るこちらもテンション上がるのです。

上の子が1年生の頃から、

春・夏・冬のお休みのうち

何回かは作ってきたこのお弁当。

「明日はオムライス弁当だよっ!」

「わーい」

というやりとりを、何度かわしてきたことか。

それなのに。

それなのに去年の春だったか。

「明日はオムライス弁当だよっ!」

「えーーーーーーっ(超不満げ)」

・・突然愛想つかされちゃってもう。

なんかねー、お友達に

言われたらしいんです。

「やだー、○○ちゃんのお弁当

オムライス!(ちょっとバカにした風に)」

ってね。

で、娘は恥ずかしくなっちゃったみたい。

ある日、

「ふつうのお弁当がいい。」

って言われてしまいました。

こういう時、非常に淋しいもんですね。

子どもだからきっと喜んでくれる、

そう思ってこちらが準備したものを

拒否されるって。

子どもの成長ってそんなもの

なのかもしれないけれど。

なんつーかこう、

「いつまでも子どもじゃねんだよっ」

と、オムライス弁当拒否という

手段で言われてしまったような。

・・淋しいなぁ。

そんなわけで、しばらく封印していた

オムライス弁当なのですが

今朝、無性に、どうしても

このお弁当が作りたくなって

しまったので

娘の訴えは一年も前だから

忘れてしまったことにして、

ぎちぎちにごはんを詰めて

持たせてあげました。

オムライス弁当。

たまにはいーじゃん。

本当は好きなんでしょ?

「もう、嫌だっていうのに

かーちゃんがさー」って、

文句言いながらでいいからさ。

ちゃんと食べてきてよ。

かーちゃんは、

オムライスを頬張る君たちを

想像するだけで嬉しいのよ。

そして今日、会社から帰ると。

流しにはふたつの、

空っぽのお弁当箱がありました。

何よりの、メッセージです。

**トラコミュ作りました**。

台所しごとについての楽しい情報が集まると嬉しいな。

にほんブログ村 トラコミュ 台所しごとへ
台所しごと

----------

覗いてくださり、ありがとうございます。

訪問いただいたしるしに、どれかひとつ

ぽちりとしていただけると大変嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

また遊びにきてくださいね!