読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしい台所

きょうも台所にいます。

意地のトースターパン~じゃがいもブレッド

先日バターを手作りした後で、

おいしく「バターを」食べるために、

手でこねる素朴なパンが

焼きたくなりました。

ということで、焼いてみました。

イーストいらず、発酵いらずの

じゃがいもパン。

それがこちら。

じゃーん。

2015011802

参考にした本。

型(パウンド)はひとつ!大好きな焼き菓子―パウンド型だけで51のバリエーション (Gakken hit mook)

出来上がりサイズはパウンド型1つ分

なのですが、粉の量はパン1斤なみ。

これに、2個のじゃがいもが入っています。

2015011803

2015011804

だから生地がみっちりと詰まっていて

ずしっと重いパンになります。

本来はオーブンで25分焼くものですが

もちろん私はトースターで焼きました。

オーブンで焼けば、もしかしたらもうちょっと

ふんわりするのかもしれません。

砂糖が入らないし、じゃがいもの香りが

程よくて、バターと相性ばっちりの味。

2015011806

・・だったんですが、何せちょっと硬かった。

息子からのクレーム2件。

「かたい。」 (なんか周りが硬くて)

「多い。」 (なんかみちっと詰まり過ぎで)

・・やっぱりトースターじゃ、

さすがにパンは無理なんだろうか・・。

とくじけ気味であります。

そもそもですね、捨てちゃったわけです、

石釜パン焼き機能付きのオーブン。

なぜなら、その機能を使わなかったから。

「私にはオーブンはいらない。」

「レンジ機能だけで充分。」

「トースターも、ピザが焼ければ充分。」

そう言いました、私のこの口が。

それが、粉から何かを作ることが

こんなに面白くなるなんて。

まさか私がパンを焼きたくなるとは・・。

3年前の私に言ってやりたい。

「アンタは3年後にパンを焼きたくなるのだ」 と。

「オーブンがないと、カチンコチンのパンを焼いて

息子に苦情を言われることになるぞ」 と。

「だからその素晴らしい機能付きのオーブンを取っとけ」 と。

ああ3年前の私のバカっバカっ。

そして今、高さのないトースターで、

ふくらむパンの山をあっちへずらし、

こっちへずらし、アタフタしながら

焦がさないように焼く私。

2015011801

このパンを焼いたとき、

山をずらしたらオーブンシートが電熱に

あたって燃えました。

いい気になってパウンド焼いてましたが

ちりちり燃えるシートを見て

さすがに限界を感じた次第です。

パンのハードルは高かった・・。

でもなぁ。

今さらオーブンが欲しいなんて

言えないしなぁ・・。

こうなったら意地でもトースター。

トースターで焼くパンをどうにか

マスターするしかない。

子ども達の苦情を次に生かすのだ。

今ある能力でなんとかするのだ。

失敗を糧にする。

そうだ、仕事とおんなじじゃないか。

ビバトースター!

・・・。

もうちょっとトースターで

頑張ってみます・・。

----------

覗いてくださり、ありがとうございます。

訪問いただいたしるしに、どれかひとつ

ぽちりとしていただけると大変嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

また遊びにきてくださいね!