おいしい台所

きょうも台所にいます。

手が美味しくする~かぶの塩漬け

少し前、何かの本で、「お母さんの手にある

常在菌が、おにぎりを美味しくする」と

書かれているのを読みました。

それを読んだとき、ああなるほどと思いました。

どんなに美味しいお米で握られた

有名なおむすび屋さんのものであっても、

それが機械や型を使って作られたものなら

人が握ったおにぎりには敵わない。

それが実感としてよくわかっていたからです。

なぜなら、食べたときに「味気ない。」

美味しくないわけではないんです。

ちゃんと万人向けに味付けされた美味しい味。

でも、「味気ない。」

この常在菌旨み説については、根拠が

ないと言われているようですが、

おにぎりしかり、惣菜しかり、自分が実際

食べて感じることだから、

私は信じるようにしています。

手ってすごいんだと。

特に、ママの手は、魔法の手。

なんでもできちゃう不思議な手、なのだと(笑)

さて、前置きが長くなりましたが、

何かと言うと漬物のお話です。

先日、かぶが安かったので、たくさん

買ってきて、スープやお味噌汁に

使いました。

そして余ったかぶを、浅漬けにしようと

思いました。

私の作る浅漬けは、さっぱりと塩だけ。

漬ける前には手でもみもみします。

■かぶの塩漬け

<材料>

・かぶとかぶの葉 3個

・塩(粗塩) かぶの重さの3%

<作り方>

1.かぶの葉を切って、1つ分を細かく切る

2.かぶは皮をむき、2~3ミリのいちょう切りにする。

3.ボウルに1と2を入れ、塩を加えて手でもみこむ。

2015011102

4.保存袋に入れて、冷蔵庫に。重しになるものが

 あればのせる。(お皿などでOK)

2015011103

食べる時には水分を絞るので、

マルゴ醤油をちょっとたらして食べます。

さっぱりとして、たくさん食べられます。

この浅漬け、漬ける前の「手もみもみ」を

丁寧にゆっくりすればする程

旨みを感じる気がするんです。

2015011101

忙しくてぱぱっと作った時と、

ゆっくりもみもみした時とは味が違う。

やっぱり母の手から、旨み成分が

食材ににじみ出ているんじゃないかと

思うのです。

科学的に証明とか、んなことどーでも

いいんです。

お母さんが作るごはんは、

お母さんが自分の手を通して、家族に

愛情を届けるもの。

自分の手から旨み成分が出てるなんて

考えるだけでモチベーション上がります。

夫がかぶの浅漬けを食べて

「うまい」というその一言に、

「そりゃ、魔法の手だからね」ってほくそ笑む。

そんなのが、楽しいなと思うのです。

-----

覗いてくださり、ありがとうございます。

訪問いただいたしるしに、どれかひとつ

ぽちりとしていただけると大変嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

また遊びにきてくださいね!