読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしい台所

きょうも台所にいます。

石焼き芋、パンになるの巻

2014113005

 

美味しい、美味しい石焼きいもを

いただきました。

 

ご近所の奥様からなのですが、ちゃんと

石で焼いたそうで(どんなしくみなんだろ)、

少し焦げ目のある、小ぶりな焼き芋をたくさん!

 

写真でわかるかと思いますが、中は

まっ黄色でとろとろ。

甘くてとっても美味しい焼き芋でした。

 

 

いただいた焼き芋は、全部で6~7本。

温かいうちに食べられなかった焼き芋を

小さく切って凍らせ、パンに入れてみました。

 

石焼き芋パン

<材料>

・強力粉 250グラム

・砂糖 大さじ2

・塩 3グラム

スキムミルク 大さじ1

・水180ミリリットル

・オリーブオイル 15グラム

石焼き芋石焼きじゃなくてもよい)100グラム

※作る前に、凍らせておく。

イースト 3グラム

 

2014113001

 

<作り方>

全ての材料をホームベーカリーに

セットして焼くだけ。

※具材の混ぜ方は普通、焼き上がりは濃いめで

 

 

生地に練り込む形にしたので、焼き芋の

ホクホク感はないのですが、

スライスしたら黄色い生地に、ふんわり

焼いもの香り(笑)

 

2014113003

 

イメージとしては香り石焼き芋、味大学芋

だったので、これを焼いて更にはちみつを

かけて食べました。

(相変わらず、未知の体重へのチャレンジ中(笑))

 

 

そうしたらこれがなかなか。

美味しいじゃないですか~。

 

2014113004

 

優しい甘さに焼き芋の香り。

 

うちの子ども達、実は焼き芋をあまり

食べないのですが、このパンは

おかわりして食べてくれました。

 

 

 

ところで最近は、石焼きいも屋さんの声を

あまり聞かなくなりましたね。

昔はよく屋台で石焼き芋を買ったものです。

 

軍手をしたおじさんが「サービスだよっ」

なんて言いながら、新聞紙で作られた袋に、

大きなお芋を入れてくれました。

 

家に帰ってコタツの中で、「あちちっ」と言いながら

お茶を飲み飲み食べる石焼きいも。

 

2014113006

 

お皿に塩を盛ってちょこっとつけながら食べて・・

とろとろもホクホクも大好きだったなぁ。

 

 

 

うちの子ども達は、さつまいもとか栗とか、

昔はおやつとしてよく食べた野菜や果実よりも、

市販のお菓子が大好きです。

 

そうなってしまったのは、自然で素朴な味を

知る前に、カラフルで甘ーいお菓子を

与えてしまった親の責任なんだと思います。

 

 

せめて日々の食事くらいは色々工夫して、

色んな味を食べてもらい、覚えていって欲しい。

味の記憶はちゃんと、体に染みこむと思うので。

 

 

 

・・まぁだからといってそれがなにも、

石焼き芋パンである必要はないんだけれども(笑)