おいしい台所

きょうも台所にいます。

本を読むということ

20141127

 

本を読むのが好きです。

本を読むことで、自分を振り返ったり、

何かの参考にしたり、違う世界に入りこめるのが

とってもストレス解消になります。

 

普段家では家事もあるし、家族と過ごす時間が

優先なので、ゆっくり本を読むことが出来ません。

 

だから、移動や一人の食事や何かを待つ時間は

本を読むチャンス。特に長い移動の時は何冊も

本を鞄に入れて、むさぼるように本を読みます。

 

 

 

今日は日帰りの出張でした。

目的地まで、片道2時間半。

前の晩からどの本を持って行こうかワクワクし、

電車に乗り込む前にはおやつも準備。

 

外は雨上がりのいい天気だし。

窓の外には紅葉がちらほら。

最高の読書日和です。

 

一人で、遠いところまでの出張は嫌、という人も

多いですが、長時間の移動は、私にとって

ご褒美みたいな時間なのです。

 

 

そして今日読んだのは、「生存者ゼロ」。

 

(廻田と弓削と富樫の運命やいかに!)

(北海道と日本はどうなる?)

(きゃーまた罪のない人達が犠牲に!)

(早く逃げてー!)

 

のどかな車内で、一人ドキドキしながらの

読書時間。おやつのバウムクーヘン

食べるのも忘れ、ページをひたすらめくります。

 

そして気づけば、あと一駅で目的の駅。

慌てて残りのバウムクーヘンを口に押し込み、

電車を降りたのでした。

 

 

 

最近は電子書籍を読む人も増えていると

思いますが、私は断然、紙が好きです。

 

電波が関係ないとか、すぐ見返せるとか

紙の良さも色々ありますが、私はそんなことより

「紙に印字された文字を読む」のがとにかく好きなので、

手の中に自分の好きな本があるという

それだけでもうすごく幸せなのです。

 

 

電子書籍にしろ紙にしろ、最近活字離れが

進んでいるという話も聞きます。

 

本は楽しいです。小説でもビジネス書でも漫画でも、

料理本でも、読んで知ることで、自分の生活が、

生き方が絶対変わると思います。

 

 

だからどんなに忙しくても、本を読む時間だけは、

どこかに作りたいなといつも思っています。

 

 

毎日鞄が、重いんですけどね(笑)

 

 

 

-----

 

・・そして出張からの帰り道。

生存者ゼロ」、すっかり読み終えました。

 

終章手前で泣きそうになり、

読み終えて人類の未来をちょこっと考えた、

とだけ書いておきます・・。

難しかったですが、なかなか面白い本でしたよ。

生存者ゼロ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

 

 

 

 

----------

 

覗いてくださり、ありがとうございます。

訪問いただいたしるしに、どちらかぽちりと

していただけると大変嬉しいです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ

 

また遊びにきてくださいね!