おいしい台所

きょうも台所にいます。

夜の子ども達

2014103101

さて、ハロウインです。

私が住むところでは、登校班の子ども達が

夜に仮装して集まり、それぞれの家に

お菓子をもらいにやってきます。

ちいさなきょうだいも一緒になって、

コウモリのカチューシャや魔女の帽子、

お化けのお面を被る子もいれば、

シンデレラのようなドレスを着ている子もいたり、

みんなちょっとドキドキしながらも

本当に楽しそうです。

しつこいですが、私は昭和生まれなので(笑)

子どもの頃にハロウインのイベントを

楽しんだ記憶がありません。

でも、子ども達が夜に集まっているのを見ると

小学校に上がったばかりの頃の、子どもだけで

過ごした夜のことを思い出します。

-----

私が小学校1~2年の頃のことです。

幼馴染の男の子の家が引っ越すことになって、

荷物を運び出した後のがらんとした家に、最後に

子どもだけで泊まろうということになりました。

近所の小学生が10人ばかり。それぞれが

夕飯を食べた後布団をもってパジャマを着て、

幼馴染の家に集まりました。

怖い話をしたり、まくら投げをしたりして楽しんだ後、

当時6年生だった男の子のまーちゃんが、

「夜中に外に出るぞ」と言い出したのです。

夜中の0時頃。どこの家の灯りも消えて、

真っ暗な中、まーちゃんがみんなを連れて外に

出ました。そして昼間は車が通る道路に

やってきたと思ったら、

コロン。

寝たのです。道路の真ん中に、大の字に

「ほら、やってみろ。気持ちいいぞ。」

まーちゃんに言われてみんなが次々に

道路に大の字に寝ころびました。

10人の子どもが大の字に寝そべる道路。

想像出来ますか?(笑)

そりゃもうウン十年も昔の話ですし、私は当時

埼玉の田舎に住んでいたので、夜には車も

ほとんど通らなかったのですが、それでも

相当ドキドキしました。

冷たい道路に横になって空を見たら

すごい解放感だったのを覚えています。

まーちゃんが、すごい大人に見えたっけ。

あの晩寝そべった道路と夜空は、私の中に

忘れられない記憶として残っています。

ちょっとした子ども達だけの冒険の記憶として。

あんな経験もう出来ないですよね。

-----

普通に考えれば、子どもが子どもだけで

夜に出歩くことは滅多にない。

だから「子どもだけで夜に集まる」って、

それだけでも非日常です。

ハロウインの夜はそれに仮装・お菓子が

加わるわけで、子どもにとっては本当に

とびきり楽しいイベントなんでしょうね。

2014103102

大人になった時、ハロウインの夜のことを

「そういえば小さい頃、近所のお兄ちゃん達と

すごい恰好して歩いたな。楽しかったな」と、

宝箱を開くみたいに、思い出してくれたら嬉しいな。

きっとどこの家のお父さん・お母さんも

そんなふうに、子ども達を見つめているんじゃ

ないかなと思います。

たくさんのキャンディを用意して。

今か今かと子ども達を待ちながら。

----------

覗いてくださり、ありがとうございます。

訪問のしるしに、ぽちっとしていただけると

大変嬉しいです。

また遊びにきてくださいね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ