おいしい台所

きょうも台所にいます。

ハンコ押して!のお手伝い

うちの子ども達、最近「お店屋さんごっこ」

にハマっています。

幼児の頃に買った「アンパンマンレジスター」

を使い、おもちゃを商品に見立て、お店屋さんと

お客さんでちゃんとお金(ニセモノ)のやりとりを

しているのを見ると、子どもって遊びの中で

本当に何でも学んでいくんだなと思います。

ウルトラマン、100円です。」

「はい100円」

「ありがとうございます。ポイントカードありますか?」

「あります、これ。」

「はい。あ、ポイントたまりましたね。こんど100円

 分のお買いものできますよ。」

「やったー。」

そんな子ども達の様子を見ていて思いつき、

こっそり、作ってみたのがこちらです。

「おてつだいポイントカード」

2014102001

子どもって、ハンコとかシールとか

もらうの大好きじゃないですか?

なかなか身につかないお手伝いも、

こうして子どもが好きな遊びで親も一緒に

遊んでしまえば、楽しく出来るかも!

お手伝いの種類は、簡単なものばかりです。

----------------------------------

・ごはんのしたく 1P

 (お箸やコップを並べたり、ご飯をよそう)

・ゴミすて 1P

 (まとめたゴミを、収集所へ)

・つくえふき 1P

 (ご飯の後のテーブルふき)

・しんぶんいれ 1P

 (朝新聞を取ってくる)

・おこめとぎ 2P

 (これは難易度高いので2P!)

・おさらあらい 2P

 (こちらも難易度高いので2P!)

----------------------------------

カードは12ポイントで一杯になるように

なっていて、一杯になると50円の

おこづかいがもらえる、というしくみ。

子ども達の反応はどうかなーと思いながら

昨夕、子ども達に1枚ずつ渡しました。

渡した時の子ども達の顔といったら、

「すごい楽しいゲームがはじまった!」という

感じで、嬉しそうったらなかったです。

もちろんその晩のお手伝いは取り合い(笑)

2014102002

普段お願いした時は、

「えーーーーーっ・・・(ぶちぶち)」という

こっちが嫌になる反応しか見せないのに、

「やるやるやる!」と素早い動き。

2014102003

そして終わった後にハンコを押してあげたら

嬉しそうにニコニコしてました。

頑張ってポイントためて、おこづかい

ゲットしてね。

そしてお金をもらった時に、

「お金とは働いてもらうものだ」なんてことも、

ちらっと覚えてくれたら嬉しいな。

でもこれちょっと気になってるのは。

これまでちょっとしたお手伝いの度に

「はい、10円」と渡していた10円。

それが、12回で50円。

よくよく考えれば(考えずとも)

労働の賃下げをしているわけで・・。

賢い娘あたりは、途中で気付いちゃう

んじゃないかなと。

・・くわばらくわばら(笑)

----------

覗いてくださり、ありがとうございます。

訪問のしるしに、ぽちっとしていただけると

大変嬉しいです。

また遊びにきてくださいね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村