おいしい台所

きょうも台所にいます。

娘の宿題にしてやられた話

うちの娘、小学校3年生なんですが、

先日こんな宿題をもってきました。

『おうちの人と買い物に行って、3日間

何を買っているか調べて書いてきましょう。』

どうやら社会の授業で「わたしたちの

まちのお店」という勉強をしているようで、

その授業の中で、自分の家の買い物の

仕方を調べるという、

「突撃隣の食事情」的な、つまり母には

超プレッシャーな、そんなコーナーが

あるそうで。(コーナーじゃないけど)

「え、でもうちはさ、母ちゃん働いているから

一緒に買い物は行けないよね。」

とやんわり断ると、娘はアッサリ

「んじゃさ、買ったもの書くからレシート見せて。」

・・・。

ということで、3日間のレシートチェックが

はじまったのでした。

以下、3日間のレシートチェックの様子。

-------------------------------------

初日:母、買い物にちょっと気を遣う。

レシートの商品を見ながら嬉しそうに

書き写すす娘。

 

 娘「ねぇ、ぼくじょう・・・ってこれ牛乳?」

 母「ああそうそう、牛乳だよ」

 娘「このアイコ・・って何?」

 母「ああそれ?トマトだよ」

・・とまぁ初日は余裕でクリア。

-------------------------------------

2日目:母、残業で余裕がなかった

2日目で要領がつかめてきて、野菜や果物は

すらすらと書き写す娘。

 娘「ねぇ、アサヒ・・って何?」

 母「あ、ダメそれ。ビールは書かないで。

  ああそれから冷凍食品もちょっとダメ。

  あ、それから・・。」

 娘「・・・」

・・母、ちょっとヒヤヒヤ。

-------------------------------------

最終日:母、最後にうっかり

レシートに気になる言葉を見つけ、

優しく母に問いかける娘。

 娘「かあちゃん、あのさ、このさ、

  『はーげん・・』って何?」

 母「・・あ。えっとそれはね、あの、

  あれだ、片栗粉」

 娘「かたくりこ??ふーん。」

 母「・・・。」

 娘「かたくりこ・・。」

 母「・・・。」

 娘「かたくりこか・・。」

・・母のデザート、ハーゲンダッツ

咄嗟の片栗粉は苦しすぎてアッサリばれる。

無念の敗北。

-------------------------------------

娘の宿題のお陰で、子どもが寝静まった後の

こっそりハーゲンダッツタイムが見事にばれ、

「ずるい!母ちゃんばっかり」と責められた挙句

期間限定のハーゲンダッツレモンジンジャーは

子ども達のお腹の中におさまったのでした。

そして翌日。

あー宿題終わって良かった、もう責められる

ことはないわと、その日の買い物の

中身を片付けていた時。

娘が聞いてきました。

娘「ねぇかーちゃん、今日はアイス買ってないの?」

母「今日はないよ。」(ほんとになかった)

するとすかさず言いました。娘が。

「んじゃ、レシート見せて。」

・・・と。

・・オイ。

何よ何よ。

これじゃ何だか、姑に財布を握られ、

日々の買い物の内容をねちねちと

チェックされ、「お義母さんすみません。

もう二度と勝手にハーゲンダッツなんて

買いませんっ」て言わされてる

お嫁さんのようじゃないの。

母は食べられなかったのよっ。

ハーゲンダッツ

だから先生。

こんな宿題もうやめて。

んで、私に返して。

ハーゲンダッツレモンジンジャー。