おいしい台所

きょうも台所にいます。

釜浅さんの鉄打ち出しフライパン

2014081602

 

鉄のフライパンって憧れるけど、手入れが

大変そうだなって思いませんか?

錆止めとか自分にうまく出来るかしらって。

 

 

私はそう思っていました。

一生モノの道具ってすごく憧れるんですが、

フライパンに関しては、テフロン加工が楽だし

料理もしやすい。そう思ってずっと

テフロンのもを使っていました。

 

でも、テフロンて、やっぱり剥げるんですよね。

そして、いつのまにか食材がこびりつくように

なってくる。そして買い替えるの繰り返し。

 

ダメになったフライパンを見ては、

「でも鉄のフライパンはなぁ・・」なんて

考えていたのです。

 

 

ところが先日。

 

平日お休みをとって浅草合羽橋

行ったときのこと(好きですねぇ、合羽橋(笑))。

 

ふらふらーっと目的なく何となく釜浅さんに入り、

何となくフライパン売り場に行き、

そこで、この鉄打ち出しフライパンから

目が離せなくなってしまったんです。

 

いやー、吸い寄せられた。

磁石みたいに(笑)

 

 

色々なサイズのフライパンを手に取り

眺めること10分。

 

いや、ちょっと考えなおそうと一旦外に出てすぐ戻り、

フライパンを横目に欲しくもないたわしなんかを

手にとって考えること10分。

 

売り場に戻って再度フライパンを眺めること5分。

 

 

合羽橋って基本的にお客さんを放っておいて

くれるんですが、さすがにこの時は店員の女性が

来てくれました(笑)

 

 

「鉄のフライパンって大変そうに感じるけど、洗って油を塗っておくだけよ」

「このフライパンで焼いた餃子は美味しいよ。パリっと出来るよ」

「一生ものだよ。使ったら手放せなくなるよ」

「サイズはそうねぇ、小さ目なら朝ごはんづくりに出すのも面倒じゃ ないかもね」

 

 

しつこく勧めるでもなく、こちらが聞いたことにも

丁寧に答えてくれて、女性が来てくれてから

5分と経たないうちに、私は買うことを

決めていました。

 

 

そして使い始めて2か月。

 

いや、難しいです正直(笑)

 

2014081601

 

熱伝導がすばらしく良いので、例えば目玉焼きも

目玉はゆるゆるだけどベーコンはカリカリだったり、

フライパンが温まる前に油を入れちゃうと、

炒めたものがこびりついたり。

 

 

手入れだって、タワシで洗ったあとにきちんと乾かし、

油を塗っておかなくちゃいけなかったり。

 

2014081603

 

一筋縄ではいきません。

 

 

でもね。

でも、何か可愛いんです。

その、「アナタが手入れしなきゃ私ダメなのよ」

って感じが(笑)

 

 

そしてやっぱり、これで焼いたものは

美味しい気がします。

 

 

 

これからも、無骨なコイツを大事に大事に育てて、

おばあちゃんになった時には、

 

「このフライパンじゃなくっちゃ、あたしゃダメなんだ」

 

って言いながら、孫たちに美味しい美味しい

ホットケーキを焼いてあげるのだ。

 

 

 

一緒に歳を重ねる道具って良いな。

買ってよかった。

 

 

 

釜浅さんHP http://www.kama-asa.co.jp/