おいしい台所

きょうも台所にいます。

ビール飲もう!

2014080701

Amazonより

---------------------------

「食」をテーマに編んだアンソロジーシリーズも、

おかげさまで、カレーライス、お弁当、

おやつに続く第四弾となりました。

今回は、趣きをガラリと変えて「ビール」をお届けします。

暑い夏を迎える季節にグイッと一杯。

名文家たちの「ビール」について熱い思いを飲み干してください。

アンソロジー ビール

---------------------------

このアンソロジーシリーズ、私は「お弁当」を

読んだことがあるのですが、作家達の

「お弁当」に対する様々な思いや面白かったり

切なかったりする思い出がいっぱい詰まっていて、

あっという間に読みました。

そしてこの「ビール」編。

いやもうね、飲みたくなります。ビール!

しかも妹尾河童さんの美味しい注ぎ方で、

岩城宏之さんの勧めるチェコピルゼン

クリーム状の泡を上唇にヒゲのようにくっつけて。

そしてつまみは枝豆でね。

お家で椅子に座って、吉田直哉さんの

「ネパールのビール」のページをめくって

ちょっと切なくなりながら。

2014080702

-----

もともと私はお酒が強くありません。

飲めばすぐに体中が真っ赤になります。

中ジョッキ2杯くらいならどうということはないですが、

最近はそれ以上飲むと低い血圧がさらに下がり、

一度脳貧血を起こして倒れて凝りました(笑)

それ以来(それでも飲んでるんですが)、

だいぶ量は減りました。

そんな私でも、若い頃は無茶して飲んでいました。

お酒を飲んだ後お風呂を沸かしながら入っていて眠りこけ、

茹で上がる寸前で目が覚めたり。

初めて会った人と飲んで騒いで

部屋に閉じ込められそうになったり。

実家にいた頃、飲んで遅くなったら鍵がかかってたので

はしごで2階に登って兄に泥棒に間違われそうになったり。

それはそれはお酒に絡む失敗談は数知れず。

いやー楽しかった。(迷惑こうむった方、すみません・・)

ビールというと、父とたくさん飲んだ思い出があります。

私の父は大病をして、私が結婚した後すぐに亡くなりましたが

亡くなる前の数年間、一緒にビールをたくさん飲みました。

私の母はお酒が飲めず、その頃兄は

父とあまり仲が良くなかったので、

一緒に晩酌するのはいつも私。

お刺身をつまみにキリンの一番搾りを飲みながら、

ニュースの話に始まり、父の得意な歴史の話、

政治の話、仕事の話・・たくさんの話をしました。

物知りな父と話をするのも好きでしたが、

嬉しそうに話をする父を見ているのが好きでした。

「病気してるのに、ビールだけは美味いんだよなぁ。」

そうお酒が強くもなかった父が、

にこにこしながらお気に入りのグラスで

ビールを美味しそうに飲んでいたこと

この本を読んで、思い出しました。

今頃、お父さん。

夏空の上で孫たちを眺めながら

大好きな一番搾り、飲んでいるかもね。

今日は、一番搾り飲も!