おいしい台所

きょうも台所にいます。

キレのいい奴~柳宗理のミルクパン

2014080101

 

やっちゃったー。

また夫に怒られてしまいました・・。

 

朝も夜も、茹でたり炒めたりを同時進行の

三口コンロ。急いで色々こなしたいから

ついつい火加減が強くなってしまい、

いつもいつもいつもいつもいつも夫に、

「火が強い!」と怒られます。

 

 

「うるさいなー。こっちは急いでんだよ。

自分の支度も出来てない忙しい朝、朝ご飯に

子ども達のお弁当にてんてこまいなのに

火加減にまで気ーつかってられるかっちゅーの。」

 

「んじゃ何かい?ゆで卵13分が15分になったら

その2分をどう取り戻してくれるんだい?」

 

 

・・と、言えるものならいいたいところをぐっと我慢。

そして「はい、すんません」と火を弱める私。

何故そんなに素直なのかというと、理由があります。

 

 

じゃーん(←いや、自慢できないから。)

 

2014080102

 

わかります?

大事な大事な柳宗理のミルクパンの柄です。

可哀想にのー。こんなに溶けちゃって・・・。

 

 

ええ、犯人はワタクシでございます。

この鍋を使う度に反省してます。

夫のまるで姑のような「火加減強いわよ」攻撃にも、

ひたすら耐えるしかありません。

 

 

-----

 

ということで、前置きが長くなりましたが

柳宗理のミルクパンのお話です。

 

このミルクパンを初めて見た時、

「えぇ?こんなヘンな形の鍋なんて使いやすいの?」

と思いました。

 

この両サイドの広がり、カッコ悪いなーと。

なんかちょっと、耳っぽい?

しまうのとか、コンロの上で邪魔になりそう。

 

でも、使う人使う人から「もう手放せない」と聞いて

道具好きの私はちょっと使ってみたくなりました。

そして、ものは試しと使いはじめたのはもう10年前。

 

いや~、手放せないす(笑)

 

もうほんとに注ぎやすい!キレが良い!これにつきます!

2014080103

 

これを使えばホットミルクもカフェオレも最後の一滴まで

きれいに注げます。

 

他の鍋のようにカップからはみでたりしないし、

お玉ですくってカップに入れる必要もありません。

 

これを買ってから、ミルクやスープはもちろん、

冷めてしまったコーヒーやお茶も、レンジじゃなくて

この鍋に入れて温めるようになりました。

 

飲み物以外にも、ソースを作ったり、

お湯を沸かしたりもします。

とにかくすっごく使いやすいんです。

 

 

最初はカッコ悪いと思っていたこの形にも、

今ではなんてカッコイイデザインなんだろう♪

とほれぼれする始末。

 

 

 

だからねー。

 

ほんと、柄をこんなふうに焦がして溶かして

怒られてちゃダメなんですって。

いくら「んじゃー、ちょっと早く終わるように

手伝ってよ!」と思ったとしてもね(笑)

 

 

皆さんも火加減には注意しましょう。