おいしい台所

きょうも台所にいます。

「世界は誰かの仕事でできている」

毎朝、ラジオを聴きながら身支度をします。

耳から入る情報というのはテレビとは違って、

頭で思い描くからか不思議と記憶に残り、

たったの15分か20分なのですが

ニュースや経済情報を得るのに役立っています。

 

ラジオにもCMがあって、これがまた面白い。

画像で見せられない分、セリフや微妙な間を効かせて

面白いCMが結構流れてきます。

 

最近、ラジオのCMですごく好きなコピーがあります。

 

「世界は誰かの仕事で出来ている」

ジョージアのCMです。

 

 

ジョージアはTVでもラジオでも仕事をテーマにしたCMを

流してますね。ラジオでも私が聴く限りで3~4パターンの

CMがあり、どれも一ひねりあって面白い。

そしてどのパターンも最後にこのコピーが流れます。

 

このコピー、色々なところで目にしてたと思うんですが、

正直全然記憶に残ってなかった。

それが、朝化粧をしながら流れてくるラジオCMで改めて聞いて

 

 

「なんていいコピーだ!」

 

と、ちょっと感動してしまったのです。

 

 

私たちが生きるために日々食べるもの、着るものはもちろん、

使うもの、居る場所、行く手段・・身の回りのぜーんぶが、

誰かの仕事で出来ている。

 

今私が座っている椅子だって、飲んでいるコーヒーだって、

毎日乗る電車だって、お米だって、水だって、電気だってガスだって。

誰かが一生懸命作って、売って。

そうやって仕事をしてくれているから生活が成り立っている。

 

だから、

自分の仕事も、きっとどこかの誰かの役に立っている。

会社の仕事も、家の仕事も、学校や地域の仕事も。

どんな小さな仕事であってもきっと。

 

 

自分も、世界を作る「誰か」の一人。

 

 

そう考えると、「働く」ということが、お金をもらうための

手段じゃなくなってきますよね。

 

 

「世界は誰かの仕事でできている」

 

 

 

よし。今日も働こう。