おいしい台所

きょうも台所にいます。

中華街のスッカラ

2014070301

 

スッカラって知ってますか?

そう、韓国のスプーンのことです。

 

スプーンといっても日本のものとは形状が少し違います。

スッカラは、日本のスプーンよりも丸く面が広く、くぼみが浅い。

そして、柄が長いのが特徴です。

 

何年か前にこのスッカラが非常に食べやすいという話を聞き、

欲しいなと思って探していました。

ある時中華のどんぶりを買いに横浜の中華街へ出掛け、

メイン通りの雑貨屋で、これを見つけました。

 

中華街で売ってるんだから、本場韓国のものとは

もしかしたらちょっと違うかもしれないなー。

そう思い、お試しのつもりで買ったのが、この2本です。

 

2014070302

↑よく見ると、「福」って書いてあるんです。

 中華っぽーい。

 

 

 

ところがところが。

 

何を隠そうそれ以降、せっかく買ったスッカラは

台所の引出しの奥にしまわれていました・・。

 

スプーンを使う食事では何となくいつもの普通のスプーンに

手が出てしまい、しまわれたまま何年かが過ぎ。

 

ある時、台所の整理をしていて、使わない・いらない

モノは思い切って捨てようと、このスッカラを

「全然使ってないしなー。いらないってことになるかな」

と、買ったことを後悔しながら捨てるモノに分けていたら。

 

 

「えぇ!!!それ捨てちゃうの?捨てちゃダメ!!!」

 

 

・・夫です。

 

 

実は夫、炒飯にもチキンライスにもビビンバにも

鍋の〆の雑炊にも、お茶碗以外で食べるご飯の

時は、常に常にこれを使っていたらしいのです。

 

 

「これすっっっっごい使いやすいんだよぉ。知らないの?」

 

 

・・知らんかったよ。

 

 

このスッカラ、普通のスプーンに比べて

面の部分がうすく出来ています。

このうすさがあるから、平たいお皿に残るご飯が

すくいやすい。丼の底に残ったご飯も、この長さで

難なく届く。浅いから、スープも最後の最後まで

すくいとることが出来るんだそうな。

 

絶賛されました(笑)

 

 

その後私も使うようになりましたが(遅い)、

いやほんと、使いやすいんですこれが。

びっくりしました(←だから遅い)。

 

 

夫から、「もうあと何本か買おうよ」とリクエスト

されているので、また中華街に出掛けてあと数本

買ってこようかなと思っています。

 

 

いやでも、道具なんて何でもいいって思ってそうな

夫が、熱くスッカラを語るのにはびっくりしました。

なんだー、実はモノを選ぶセンスあるんじゃないの?

 

 

・・つーか、買ったら使えよ私。

ごめんよ、スッカラ。

 

 

 

ということで、おすすめですよ。スッカラ。