読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしい台所

きょうも台所にいます。

吉五商店のマルゴ醤油

20140702

 

福井県南越前町に、今庄という小さな駅があります。

 

山と田んぼと川、それ以外本当に何もないところですが

空が広く、空気が美味しく、水がきれいで、美しい場所です。

 

私の両親は二人とも今庄の生まれで、私も小さい頃は

夏休みになると毎年祖父母の家に遊びに行きました。

夏休みの誰もいない小学校で、従姉妹とよく鉄棒をして

遊んだこと。今でも思い出します。

 

蝉の声、虫の声、水の流れる音。

美しい場所、大好きなところです。

 

 

この今庄に、吉五商店というお味噌とお醤油を販売している

お店があります。創業明治。100年以上、昔ながらの製法で、

きれいな水と県産の大豆を使ってお味噌を醸造し、

お醤油を販売しています。どの商品も添加物は一切

使用していません。

 

2014070202

吉五商店さん。

この歴史を感じさせるお店・・たまりません。

 

HP(全国商工会連合会さんHP)

http://www.shokokai.or.jp/18/184021S0070/index.htm

※写真もこちらのHPからお借りしました。

 

 

小さな頃、私は魚が大嫌いな子どもでした。

それが福井で、吉五商店のマルゴ醤油で鯖を食べ、

その美味しさに衝撃を受けて克服しました。

それ以来、私の中でここの醤油は「絶対」なんです。

 

なんというかこの醤油、旨みがあるんです。

 

普通にスーパーで売られているお醤油とは明らかに違う。

しょっぱいだけじゃない。きつくない。まろやかで、

素材をひきたてる。

お魚は脂との相性が抜群。そしてお魚以外ももちろん美味しい。

 

キャベツと菜の花を塩もみして、この醤油をひとたらしすると、

野菜の甘みが引き立ち、もりもりと食べられます。

魚のフライやチキンカツにかけると、衣にしみた醤油が

お魚やお肉と絶妙に合います。

生で使うと、このお醤油の良さがわかるのです。

 

うちでは煮物や炒め物には普通のお醤油、

冷奴やお魚等にはマルゴ醤油と使い分けして

いるのですが、子供たち、朝の「たまごかけご飯」には

「まるごしょうゆがいい~」と、マルゴ醤油を

リクエストします(笑)

やっぱり違いが分かるんですね。

 

 

先日法事で福井へ行き、帰りにこの吉五商店で

お醤油とお味噌を買いました。

直接お店で買ったのは初めてだったのですが、

「治左衛門さんとこのお孫さん?ほーけー、

おとろっしゃ~」なんて言いながら、お店のおばあちゃん、

醤油と味噌を箱詰めしてくれました。

 

 

この吉五商店さん、残念ながらネット販売はやって

いないのですが、電話で注文すれば配送して

もらえます。(送料別途)

たくさん使うものなので、ある程度まとめて

買うと良いと思います。

 

料金は、お醤油一本715円。

高いですね。スーパーのお醤油の2倍か3倍します。

そりゃそうです。美味しさは2倍、3倍なんてもんじゃありません。

つまり、この金額だけの価値はあるということです。

 

 

毎日使う調味料。毎日体に入るものだから、

せめて「さしすせそ」くらいは、体にいいものを使いたい。

体もきっと喜ぶはずです。

 

 

うちも、そろそろ買い足さなくっちゃ。