おいしい台所

きょうも台所にいます。

家具蔵のダイニングテーブル

2014063001

 

 

結婚した時、全ては難しくても、一つか二つ、一生使える

家具が欲しいなと思っていました。

日々使うもので、家族が増えてもみんなで使えるもの。

使いながら、一緒に年を重ねていける家具。

 

思いついたのはダイニングテーブルでした。

 

結婚した当初は2LDKのマンションに住んでいて、

それまでお互い畳に座ってご飯を食べる生活をしていたので

座卓が理想でした。

 

でも将来的には家族が増え、今より広い家に住むことも

考えて、ダイニングテーブルとしても使えるものがいい。

出来ればそのテーブルを使って、おばあちゃんになっても

ずっとご飯を食べたい。

 

そう思って散々探し、たどり着いたのが

家具蔵さんの木のテーブルでした。

 

 

購入したのはもう10年以上も前になります。

ブラックウォールナットの無垢材。店舗で見て、その

木の温かさに一目ぼれでした。

 

最初は座卓として使い、3年前に引っ越しを機に

足を付け替えて、今はダイニングテーブルとして

使っています。

 

実はこれ、ダイニングテーブルとしては少し小さく、

座卓としては少し大きいサイズなんです。

80センチ×125センチ。サイズも高さもオーダーです。

中途半端といえば中途半端なサイズですよね。

でもこのサイズでご飯を食べると家族が近く感じます。

ご飯を食べていても、会話が途絶えません。

何よりうちは客人がたくさん訪れる家ではないので(笑)

これで充分なのかもしれません。

 

 

2014063002

 

最初は当然つるつるぴかぴかだったのですが、

子どもは平気でこの上でボールペンだのマジックだので

字を書くので、無垢の木に字の跡はつくわマジックはつくわ。

毎日毎日ここでご飯を食べるので、もちろん傷もつきました。

色も最初の渋い茶色から色が抜けて明るくなってきました。

 

でも、これでいいんです。

 

これは、家族でいっぱいご飯を食べたしるし。

家族でいっぱいここで話してきたしるし。

子ども達はこのテーブルでつかまり立ちをし、

時には立って歌い(笑)、おもちゃをたくさん並べ、

おやつもたくさん食べてきました。

 

家の中のどんな家具より、家族と一緒に時を

過ごしてきたテーブル。私はこうやって

共に時を刻める、一生モノの家具が

欲しかったんですから。

 

 

 

そういえばこのテーブルを買うとき、家具蔵の店員さんが

言っていました。

 

 

「うちは、テーブルのメンテナンスで削りもやるんです。

そうすることでまた新しい木肌が見えて、きれいになるから。

でも、皆さんやらないんですよ。使って使って刻まれた傷なんかに、

逆に愛着がわいてくるらしくて」

 

 

 

全部じゃなくていいと思うんです。

一つでいいから、家族の記憶を刻みながら

一緒に育っていく家具や雑貨。

見つけられたら、素敵だと思います。

 

 

 

◎家具蔵さんのHP   http://www.kagura.co.jp/

 素敵な家具が、いっぱいあります!