おいしい台所

きょうも台所にいます。

働くお母さんへ

フルタイムでも、パートでも、働いているお母さん。

仕事の合間に今日の献立を考えて、仕事帰りに買い物して、

子ども達の相手をしながら夕飯を作って食べさせて。

 

とてもとても家事なんて、台所仕事なんて丁寧に出来ませんよね。

毎日外食ならどんなに楽か。

お惣菜買ったっていいじゃないか。

家事代行をお願いして何が悪い?

 

悪くないです。外食も、買ったお惣菜も、家事代行も

全然悪くない。お母さんがちょっとでも楽になるように

便利なものはどんどん使っていいと思います。

そうしてお母さんが笑顔でいることが、何よりです。

 

でも、忘れてはならないことがあります。

 

家事というのは人間が健康に生きていく上で決して

疎かにしてはいけないものだということです。完璧にしろ、と

いうのではありません。大切に考えなければいけない、

それだけ価値があるものなのだということです。

 

私は以前仕事で女性活躍推進の仕事をしていました。

ワークライフバランス、男性も家事育児を・・そんなことを

社内でどんどん進めていくうちに、ちょっと違和感を

感じることがありました。

 

それは、「家事育児」がどうしてこんなに軽んじられて

いるんだろう、ということ。

 

ワークライフバランスは、その進め方によっては、「お母さん、

家事育児一人で大変ですよね」「お父さん、残業してないで

家に帰って家事育児やりましょうよ」と、「大変」さばかりが強調されて

しまいます。

 

そうすると、どうなるか。

「大変」な家事育児は押し付け合われます。

家事育児の価値はどんどん下がっていきます。

 

違う違う。違うんですよ。

 

 

育児はもちろん、家事だって本当に楽しいものなんです。

家族の体は、家事で守られているんです。

人間の体は、食べるもので作られるんです。

これを誰もやらなくなったら、家の中は、子ども達は、

一体どうなると思いますか?

 

ここの価値を上げていかなければ。

家事も育児もお父さんとお母さんが奪い合うくらいにならなければ。

本当の意味でのワークライフバランスというのは

難しいんだろうなと思っています。

 

だから私は、家事の価値を上げていきたい。

家事も育児も楽しいんだよ。

家を、なかでも家族の体を作る「おいしい」を作る台所を、

自分の手で、もっと幸せな場所にしましょうよ。

そんなことを伝えたくて、ブログをはじめました。

 

もちろん自分の家事育児も完璧ではないし、

料理も上手じゃありません。

ストレスで全てが嫌になることだってあります。

 

でもそれでも、やっぱり家事は楽しいのだと、

自信を持って伝えていきたいと思います。

 

このブログを読んでくださっている方のために、

良い台所道具や、美味しい調味料、台所を居心地よく

するコツ・・私なりに、一生懸命発信していきたいと思います。

 

 

「ちょっと仕事も家事も育児も疲れたなー」

そう思ったら、いつでも遊びに来てくださいね。