おいしい台所

きょうも台所にいます。

レモンの木とアゲハ蝶

 

毎年この時期になると、庭のレモンの木にたくさんのアゲハ蝶がやってきます。

 

初夏の光にレモンの新緑の葉が映えて、そこにアゲハ蝶が飛んでいたりすると、

「ああ、きれいだな・・いい季節だ」とのんびり眺めていたくもなるのですが・・。

 

いや、しかし。

 

すごいんです、卵。そしてみるみるうちに幼虫があっちにもこっちにものそのそ。

そしてこの柔らかい、きれいな葉っぱをそれはもう美味しそうに食べるのです。

見ていると、パリパリと食べる音が聞こえてきそうなくらいです。

 

アゲハ蝶は、子供たちがすぐに美味しいレモンの葉を食べられるように卵を

産み付けるのですね。さすがアゲハのお母さん。お母さんの気持ちはよくわかる!

 

そしてあっちに卵、こっちに幼虫。

 

・・・。

 

もともと食いしん坊の私は、庭にたくさんの食べられる木やハーブを植えています。

レモンはまだ一度も実をつけたことがなく、毎年「今年こそは無農薬レモンを

はちみつ漬けにするぞ」と一生懸命世話をするのですが、このアゲハの幼虫を前に

いつもその意気込みがしぼんでいきます・・。

 

今年のレモンはどうだろうな。

 

でも、幼虫もよくよく見れば、きれいですよね。